スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな木漏れ日の向こうに
やさしい香りに包まれた人がたたずむ
朽ちた古城を背景にその人はいた
それは昔々の神話のような
何と感傷的な横顔
アポロンかエンディミオンを思わせる
木漏れ日は宝石のかけらとなって
この黄昏の時を止めた
秋にはひとり淋しげな人が
時を忘れて昔を偲ぶ
まどろみながら日の沈むまで
スポンサーサイト
僕の庭には不思議がいっぱい | Home | かいちゃんと秋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。