スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃園 

朽ち果てた誰も訪れる者もいない廃園
寂れた石畳の道をひとり歩く
色褪せた花壇には花一輪すら咲いてなく
春を謳歌していた面影はどこにもなかった

かつてこの花園で一輪の花を摘んだことがあった
それはまだ幼く美しい少年だった
その頬はうっすらと薔薇色に染まり
吸い込まれるような深い瞳は青スミレ
そして私を誘惑して止まない唇は桜草のようだった

あの日の燃えるような接吻を私は忘れることができない
すがるような瞳で私をみつめていた
少女のような唇の美しい少年
一生に一度の恋であった
今でも消えることのない胸の奥の痛み
あれからあの少年とは二度と会うことはなかった

若い日のただ一度の恋は
今では遠い思い出となって私の胸に息づいている
あの頃の情熱はもうとうに枯れてしまったが
この身が朽ち果てたとしても忘れることはないだろう
あの燃えるような薔薇の花の下での接吻だけは

この花園に眠る愛しい思い出よ
このまま私の胸の奥に深く深く埋めてしまおう
思い出はいつまでも美しいままのほうがいい
これから歩いて行くひとりきりの道に
ただ輝く宝石のように永遠に眠っているがいい

いつかまた出会えることを夢見ながら
いつかまた花咲けることを祈りながら
Adieu, mon amour
安らかに眠れ
そして私もまた潔く朽ちて行こう
この寂しい廃園のように
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。