スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使 

   Ⅰ

ちらちらと粉雪が舞うなか
高らかにラッパの音が鳴り響く
あれは祝福の合図か
それとも最後の審判への警告か

澄んだ空へと鳴り響く清らかな音に
私は身も心も洗われて行くような気がする

寒い冬の朝
君のために幸いを祈ろう


   Ⅱ

僕の翼を折ったのは誰?
あの青く透き通る高処(たかみ)から
僕を引き摺り下ろしたのは誰?

認めたくないほど僕は醜く成り果てた
今さら愛を求めるほど
僕は愚か者じゃないけれど

あなたを超えるくらい強くなりたい
それだけを望みにして僕は今を生きている


   Ⅲ

白皙の美少年とでも言おうか
物憂い君の淋しげな横顔が好きだった

私たちは親しく言葉を交わしたことはなかったが
お互いどこかで気にかけているそんな関係だった

あの黄昏時の振り向いた君の姿が
今でも瞳に焼き付いて離れない

しばらく互いにみつめあっていたが
ぷいと君が顔を背けて行ってしまった時
あれは幻だったのだろうか
君の背中に白い翼を見たような気がした

あれから君の姿はついと見られなくなった
君はどこへ行ってしまったのか
君の姿を求めて今日も私はむなしくさまよっている


   Ⅳ

白い雪が空から舞い降りて
僕の炎を消そうとする

体がだんだん冷たくなって
指先が寒さでかじかんできても
この炎は決して消えたりしない

激しく燃え盛って
すべてを焼き尽くすまで消せはしないんだ

手のひらに舞い降りたはかない命
そっとくちづけると
天使は空へと消えてしまった
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。