スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏よ 

さよなら さよなら
季節は足早に過ぎ去って行く
あの頃の思い出も見上げた空の色も
今では遙か黄昏の彼方に

黄昏よ
いつの日もおまえは私のそばにいてくれたね
どんな時もその光に包まれれば
深い悲しみさえ解けて行くような気がした
ひとときの癒しに救われてまた
明日へ向かって歩き続けることもできた

だけど今こんなに
ひとりぼっちを感じるのはなぜだろう
いつでも淋しさを抱えて生きて来たけれど
足もとがおぼつかなくて
まるで砂の上を歩いているよう

黄昏よ
このどうしようもない悲しみを癒しておくれ
涙が止まらなくて
オレンジ色の空がだんだん滲んで行く
泣きたいだけ泣けばいいさ
きっと悲しみは涙と共に流れて行くだろう

さよなら さよなら
季節は新しい風をつれて来るよ
気が付けば秋の気配に包れて
思いは遙か黄昏の彼方に

振り返らずに歩いて行こう
黄昏よ
今日も見守っておくれ
明日へ一歩を踏み出そうとしている私を



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。